赤磐市 英語版 携帯サイト サイトマップ このホームページについて
文字サイズ変更
トップページ 新着情報 業務一覧 生活地図 くらしのガイド 観光情報
市税 トップくらしのガイド>市税・軽自動車税

その他の市税
個人市民税・県民税
法人市民税
固定資産税
国民健康保険税
税納期一覧
税関係証明書の交付
個人住民税特別徴収

ライフステージ別メニューで人生の節目に合わせた手続きをご紹介します。
誕生
子育て・教育
成人・結婚
介護・福祉
毎日のくらし
引っ越し・転校
税金
生涯学習
軽自動車税
課税は 軽自動車の登録と廃車は
課税は
 4月1日現在、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車を所有している人に課税されます。
このページのトップへ
軽自動車の登録と廃車は
 下記の窓口へお問い合わせください。旧町で交付を受けているナンバープレートは新市でも使用できます。
■125ccまでのオートバイと小型特殊自動車
届出窓口
本庁税務課または各支所市民生活課

■軽自動車(660ccまで)
届出窓口
軽自動車検査協会岡山事務所
岡山市北区久米177-3 (050)3816-3084

■125ccを超えるバイク
届出窓口
中国運輸局岡山運輸支局 登録部門
岡山市北区富吉5301番5   登録 050-5540-2072
             ユーザー車検 050-5540-2172

       
   このページのトップへ    
       
  改造した原動機付自転車の登録について     
  ■改造の場合は届出書の提出が必要です
 原動機付自転車を改造し、登録するときは、原動機付自転車の排気量変更届出書の提出が必要です。
 この書類には、納税義務者に加え、改造受注者(改造者)の記名・押印が必要となります。問題が生じた場合、責任が問われることがありますのでご注意下さい。
 ・ エンジンを載せ替えた場合は、載せ替え前と後のエンジン番号を記入してください。
 ・ エンジン内部をボーリングした場合は、排気量の計算式を正確に記入してください。
 ・ 改造キットを取り付けた場合は、キットの名称を記入してください。

■虚偽の申告は罰せられます
 書類チューンという登録が最近はやっています。当市では原動機付自転車の排気量変更届出書の提出により標識の交付を行っていますが、これらが未改造で、偽って改造車両の登録をした場合、地方税法第448条の規定に基づき罰せられます。

■改造による2人乗りはできません
 本来、原動機付自転車は、オートバイメーカーが安全性、耐久性等あらゆる面から試験を繰り返し、国土交通省に生産許可を取っているものですので、改造行為により制動力、安全性等の減少が顕著となります。
 市役所は原動機付自転車の排気量に応じて課税をしているもので、2人乗りをしたり、制限速度を60q/hで走行して良いという許可をしたわけではありません。道路交通法でも、座席やその他の装備が2人用のものが装着されていなければ違法となり、警察の取り締まりの対象になることがありますので、走行にあたっては改造前と変わらないということをご理解のうえ登録されるようお願いします。
   
       
このページのトップへ
       
受付窓口及び
問い合わせ先
本庁 財務部税務課 tel.(086)955-0951
赤坂支所 市民生活課 tel.(086)957-2226
熊山支所 市民生活課 tel.(086)995-1214
吉井支所 市民生活課 tel.(086)954-1183
このページのトップへ
         
copyright(c)2005Akaiwa-City.All right reserved.