赤磐市 英語版 携帯サイト サイトマップ このホームページについて
文字サイズ変更
トップページ 新着情報 業務一覧 生活地図 くらしのガイド 観光情報
住まいと環境 トップくらしのガイド>住まいと環境・飼い犬

その他の住まいと環境
水道事業
下水道事業
浄化槽の設置
し尿収集運搬処理・浄化槽の清掃
ごみ収集カレンダー
ごみの減量化
農地の売買・転用
法定外公共物の譲与
建物の建築
土地の開発
市営住宅への入居
道路・河川の占用
交通安全施設
防犯灯
消費生活
火葬場
犬や猫が飼えなくなったら

ライフステージ別メニューで人生の節目に合わせた手続きをご紹介します。
誕生
子育て・教育
成人・結婚
介護・福祉
毎日のくらし
引っ越し・転校
税金
生涯学習
飼い犬
犬を飼うときは 犬の所有者・所在地の変更および犬が死亡したときは 犬が誤って人をかんだとき 迷い犬などの取扱いは
犬を飼うときは
1.犬を登録してください。
飼い主は、犬の登録をしてください(犬の登録は生涯1回のみ)。
本庁環境課、各支所市民生活課または桜が丘出張所で手続きができます。

2.狂犬病予防注射を受けてください。
生後91日以上の犬の飼い主は、毎年4月から6月までの間に、動物病院または市主催の集合注射で狂犬病予防注射を受けさせてください。

3.狂犬病予防注射済票の交付を受けてください。
狂犬病予防注射を受けた犬の飼い主は、必ず狂犬病予防注射済票の交付を受けてください。

4.交付された鑑札と注射済票を犬に付けてください。
犬が迷子になった場合、迷子札にもなるので、必ず犬の首輪などに付けてください。

5.犬のフンは飼い主が責任をもって始末しましょう。
散歩には犬のフンがつきものです。フンを処理するための用具を携帯するなど、飼い主が責任をもって必ずフンの始末をしてください。

6.犬はつないで飼いましょう。
放し飼いは近所の迷惑になるだけではなく、事故を引き起こす原因になります。
散歩をするときは、くさりや綱でつなぎ、十分コントロールできる人が行うようにしましょう。大型犬の場合は、特に注意が必要です。
犬の登録料金
犬の登録 3,000円(1頭)
犬の予防注射済票の交付 550円(1頭)
犬の鑑札の再交付 1,600円(1頭)
狂犬病予防注射票の再交付  340円(1頭)
このページのトップへ
犬の所有者・所在地の変更および犬が死亡したときは
■犬が転入したとき
 転入前の市町村の鑑札を持って、本庁環境課または各支所市民生活課で手続きをしてください。

■犬が転出したとき
 転出した市町村で、赤磐市が発行した鑑札を持って手続きをしてください。

■犬が転居したとき
 市内で犬の所在地が変わったときは、本庁環境課または各支所市民生活課へお届けください。

■犬の所有者が変わったとき
 市内で犬の飼い主が変わった場合、鑑札を持って本庁環境課または各支所市民生活課で手続きをしてください。市外の人に犬を譲った場合は、譲り受けた人がお住まいの市町村で手続きをすることになります。

■犬が死亡したとき
 死亡の届出を、本庁環境課、各支所市民生活課または桜が丘出張所で行ってください。
このページのトップへ
犬が誤って人をかんだとき
飼い主は、岡山県動物愛護センターに届け出をしなければなりません。
このページのトップへ
迷い犬などの取扱いは
迷い犬の保護・収容などは、生活環境課及び各支所市民生活課で対応いたします。
受付窓口及び
問い合わせ先
本庁 市民生活部環境課 tel.(086)955-5347
赤坂支所 市民生活課 tel.(086)957-2226
熊山支所 市民生活課 tel.(086)995-1214
吉井支所 市民生活課 tel.(086)954-1183
桜が丘出張所 tel. (08699) 5-0191
このページのトップへ
copyright(c)2005Akaiwa-City.All right reserved.